スポンサードリンク

FP3級の勉強時間はどの程度必要だろう?③│ 時間に余裕があれば何回も繰り返そう

60時間ということは、頑張れば1ヶ月で準備が出来るということです。
1日2時間学習ですから、びっくりするほどタイトなスケジュールでもありません。

1ヶ月で準備可能と聞くと、ちょっと短すぎる印象があるかもしれません。
しかし実際、この程度の勉強時間でも合格する可能性は十分にありそうです。

なぜかと言うと、3級FP技能士は完璧な知識が無くても、正解できる問題が多いからです。
択一問題が多いので、非常に解き易いのです。

具体的に言うと、学科試験は二者択一と三者択一です。
また、実技試験の出題形式は、三者択一だけです。

こういう形式の試験ですから、うろ覚えで正解できる問題も多いのです。
それどころか、全く知識が無くても正解する事も有ります。

ということで、理解が完璧でなくても、十分に受かる可能性はあるのです。

もちろん確実に合格をしたければ、もってと丁寧に学習をした方がいいのは間違いありません。
特に、最終的に2級や1級を目指しているのなら、3級の段階で丁寧に勉強しておくのは意味のあることです。

まあ、このあたりは、受験する人の目的意識とか、モチベーションによるところが大きそうです。

丁寧に学びたい人は

丁寧に学習するのなら、前に示したように、知識の習得の段階で時間をかける事ができます。
1回の授業と同じ時間の復習だけだと、知識としては完璧に程遠いでしょう。

個人的には、過去問対策に力をいれてほしいと思います。
2回3回と過去問にあたり、出題された問題の関連知識まで含めて完璧にするのです。

こうすれば、かなりの高得点が期待できます。
時間をかけようと思えば、本当にキリがありません。

時間をかける場合は

ところで、時間をかけて学習する場合でも、最初から丁寧に学習するという方法はおすすめしません。
最初に一通りの学習を済ませてしまう方が良いでしょう。

そして、2回目3回目と何回か繰り返していくのです。

なぜこんな方法をおすすめするのでしょう?
それは、こういう方法を取らないと、テキスト後半の学習がおろそかになる可能性があるからです。

後半というのは、不動産とか相続の分野ですね。

FP技能検定は、全ての分野が満遍なく出題されます。
配点も偏りが無いようです。

ということは、後半の学習が十分に出来ないと、その部分で得点しづらくなります。
その結果、合格は難しくなるのです。

ですから、全体をさっと学習し、それを反復するという方法が合理的です。

満遍なく、バランスよく学習するのが良いということですね。
逆に言うと、前半から時間をかけすぎるような学習スケジュールは、最悪と言ってもいいでしょう。

もう一つ補足すると、時間が有る場合は、過去問対策に時間を割くといいかもしれません。
FP技能検定では、同じような問題が繰り返し出題される事が多いようです。

過去問対策は特に大事です。


タグ:

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。