65歳からもらえる加給年金とは

【問題】

厚生年金に22年加入している夫が65歳になったとき、老齢基礎年金・老齢厚生年金に加え、加給年金を受け取ることができる。

ただしこの夫には、58歳の専業主婦である妻がいるものとする。

○か×か?

【答え】

ちょっと専門的な内容ですね。

一定の条件を満たす厚生年金の加入者は、加給年金という年金を貰うことができます。

その条件についてです。

ちなみに、FP2級で過去に問われています。

問題文の条件のとき、加給年金を受け取れます。

と言うことで答えは「○」です。

厚生年金の加入期間が20年以上の場合、65歳から加給年金をもらえる可能性があります。

加給年金というのは名前の通り、通常の老齢年金(老齢基礎年金と老齢厚生年金)に加えて給付される年金です。

加給年金を受給するためには、生計を維持される65歳未満の配偶者がいることなどの条件があります。

詳しくは、次のページをご覧下さい。

http://www.mhlw.go.jp/topics/nenkin/zaisei/
zaisei/yougo/you-ka.html

このページも、それほど詳しくはないですけどね。


タグ: , , ,

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。