不動産売買の手付金

【問題】

宅地建物取引業者が売主で、宅地建物取引業者ではないAさんに不動産を売る場合を考えます。

このとき、宅地建物取引業者は2割を超える手付金を受領することができない。

○か×か?


業者が所有する不動産を、一般に売るケースです。

不動産売買の手付金

これは問題文の通りです。

宅地建物取引業者が業者以外に販売する場合、受け取ることができる手付金は2割を超えて輪いけないと決まっています。

詳しくは、次のページをご覧下さい。

http://allabout.co.jp/r_house/gc/45577/

上のページは実務的な点まで解説されていて面白いですね。

例えば、実務的には2割以上受け取ってもいいと理解されているようですね。

3割とか4割とか受け取っても良いけど、そのうち手付金として処理できるのは2割までということです。

興味深いルールですね。


タグ: , , ,

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。