相続人である子供亡くなっている場合

【問題】

Aさんが死亡した時の、相続人について考えます。

Aさんが死亡する以前に、Aさんの息子であるBさんが死亡したとします。

Bさんには息子のCさんがいる場合、CさんがAさんの資産を相続することになる。

○か×か?


被相続人に子供がいる場合は、子供が第一順位の相続人となります。

では、子供が亡くなっている場合は、どうなるのでしょう?

代襲相続とは

子が相続開始以前に死亡した場合は、その子供が相続人となります。

これを代襲相続と言います。

より正確には次のように定義されています。

相続の開始以前に被相続人の子あるいは被相続人の兄弟姉妹が死亡、相続欠格・廃除によって相続権を失った場合、その者の子が代わって相続する
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E7%B6%9A

ということで、今回の場合、Bさんの死亡によってBさんの息子であるCさんに相続権が写ります。

ということで、正解は「○」ですね。

ちなみに、Aさんに複数のお子さんがいた場合でも、Cさんは相続人になります。

相続に関しては、まず大事なのは、誰が相続人になるかという点です。

しっかり理解しておきたいですね。


タグ: , , ,

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。