外貨建てMMFの為替差益と所得税

【問題】

Aさんは外貨建てのMMFに投資をしている。

投資期間中為替が変動し、結果的に為替差益を得た。

この為替差益は雑所得として所得税の課税対象となる。

○か×か?


為替差益とは

為替差益というのは、外貨建て商品の投資で為替の変動により得る利益の事を言います。

次のような例を考えてみましょう。

まず1ドル100円の時に、1万円をドルにかえたとします。

そして、1ドル120円になった時に、これを日本円に戻したとしましょう。

これだけで、2,000円の利益を得ることができます。

 
1万円

↓1ドル100円でドルに交換

100ドル

↓1ドル120円で日本円に交換

1万2千円

 
円安が進む局面では、「円→ドル→円」と交換するだけで、利益を得ることになるわけです。

これを為替差益といいます。

為替差益と税金

為替差益に対する所得税の扱いは、外貨預金と外貨建てMMFとで違います。

外貨預金の場合、為替差益は雑所得として所得税の課税対象になります。

一方MMFの場合は、為替差益に関しては税金がかかりません。

非課税です。

ということで、正解は×です。

外貨建てMMFと外貨預金は比較的近い商品ですが、所得税の課税という点においては大きな差が有ります。

投資する時は、慎重に判断したいものです。


タグ: , , , , , ,

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。