公社債投信の定義 ちょっと紛らわしいので正確に理解しましょう

【問題】

公社債投資信託の運用対象に株式を組み入れることはできない。

○か×か?

2011年9月の3級学科の問題です。
用語の定義を問うものですが、基礎的な問題と言っていいでしょう。

是非とも正解したい問題です。

株式を一切入れない投資信託

公社債投資信託というのは、株式を一切組み入れない投資信託のことを言います。
では何で運用するかというと、国債や社債などで運用します。

ということで、問題の答えは「○」という事になります。

ちなみに、公社債投資信託でない投資信託を株式投資信託といいます。

株式を全く組み込まない株式投資信託も

投資信託の中には、債券を中心に運用されるものが数多くあります。
株式を全く組み込んでいないものも多いです。

しかし、用語の定義から言うと、債券中心の投資信託だからと言って公社債投資信託とは言えません。
仮に株式を全く組み込んでいなくても、株式投資信託に分類される事があるのです。

約款で株式を買ってはいけないと決めていなければ、公社債投信とは呼べません。
これらの投資信託は、株式を全く組み込んでいないにもかかわらず、株式投資信託に分類されます。

正直に言って、かなり紛らわしいことになっていると言っていいでしょう。
まあ、現状がそうなっている以上、正確に理解しておくしかありません。


タグ: , , ,

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。