公的年金にかかる所得税の計算

問題

所得税において,公的年金等に係る雑所得は,その年中の公的年金等の収入金額から公的年金等控除額を控除して計算する。

○か×か?

2011年9月の3級学科試験の問題です。
公的年金の所得税の計算についての知識を聞いている問題ですね。

基本的な内容ですから、3級の試験レベルでも知っておきたいレベルだと思います。

公的年金等控除

公的年金は所得とみなされるので、所得税の課税対象となります。

ただ、年金の全額が所得とみなされるのではありません。
年金から公的年金等控除額を差し引いた額が課税所得となります。

ということで、正解は「○」となります。
ちなみに、具体的な計算方法は、次のサイトを参考にしてください。

■ No.1600 公的年金等の課税関係
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1600.htm

ちなみに、65歳未満の場合は、70万円までは所得とみなされません。
65歳以上の場合は、120万円までは所得とはみなされません。


タグ: , , , , ,

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。