地震によるケガで普通傷害保険の保険金は支払われる?

問題:

普通傷害保険(特約なし)では,被保険者が地震の揺れで転倒してケガをした場合,保険金支払の対象とならない。

○か×か?

2014年5月実際の3級学科試験の問題です。この問題自体はちょっと難しいかもしれませんが、損害保険に関する常識を働かせれば正解にたどり着ける可能性が大きいでしょう。

普通傷害保険は地震によるケガは補償されない

普通傷害保険では、地震によるケガは補償の対象外です。地震だけでなく、津波や噴火も対象から外れます。

ということで、正解は「○」です。

損害保険の常識があれば正解できるかも

傷害保険という保険はそれほどマイナーな保険ではありません。ただ、火災保険や自動車保険ほどのは知られていない保険でしょう。ですからこの知識自体は、結構細かい知識かもしれません。

ただ、損害保険の常識があれば、この問題はクリアできる確率が高いでしょう。自動車保険の車両保険では、地震や津波は補償の対象外です。火災保険も地震保険は特約扱いですよね。

その知識があれば、地震が原因のケガは普通傷害保険の補償の対象外であることが予想できるでしょう。類推はしやすいはずです。

特約をつけることは可能

ちなみに、地震や津波に対するケガに関しては、特約をつけることで対応が可能です。火災保険に対する地震保険と同じ考え方ですね。

例えばAIU保険の場合は「地震・噴火・津波危険補償特約」という特約をつけることで対応することが可能です。


スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。