商業地域に住宅を建ててはいけない?

【問題】

都市計画法で定める用途地域のうち,商業地域内では住宅の建築が禁じられている。

○か×か?

2014年5月実施の3級学科試験の問題です。都市計画法の用途地域に関する知識が問われています。基礎知識だと思いますので、率直に言って、易しい問題といえるのではないでしょうか。

用途地域とは

用途地域というのは、都市計画法で定められています。

第八条  都市計画区域については、都市計画に、次に掲げる地域、地区又は街区を定めることができる。
一  第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域、第一種中高層住居専用地域、第二種中高層住居専用地域、第一種住居地域、第二種住居地域、準住居地域、近隣商業地域、商業地域、準工業地域、工業地域又は工業専用地域(以下「用途地域」と総称する。)
(二以降略)

あくまで定めることができるという決まりであり、必ず定めないといけないというわけではありません。また、用途地域以外にも特別用途地区や特定用途制限地域などといった地域を定めることも可能です。

この中で商業地域は、次のような地域だと定められています。

第九条 9 商業地域は、主として商業その他の業務の利便を増進するため定める地域とする。

ちなみに商業地域は、主に商業等の業務の利便の増進を図るための地域です。工場や危険物等に規制があるほかは、ほとんどすべての商業施設を建てることが可能です。風俗施設なども建てることができます。これは逆に言うと、住宅を建ててはいけないということではありません。

よって、問題文の記述は間違っています。ということで、答えは「×」です。

そもそも常識で判断しても、商業地域に住宅を建ててはいけないなんてされていたら不便ですよね。それに現実に合いません。いわゆる歓楽地だって、一方裏道に入ったら住宅が建っていますから。


スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。