課税総所得金額がわかっている場合の所得税の計算

【問題】

課税総所得金額が250万円である者の所得税額(復興特別所得税額を含まない)は,下記の〈資料〉を使用して( )となる。

〈資料〉所得税の速算表(一部抜粋)
課税される所得金額:195万円超330万円以下
税率:10%
控除額:97,500円

1) 97,500円
2) 152,500円
3) 240,250円

2014年5月実施の3級学科試験の問題です。所得税の計算方法を問うている問題ですね。

実際に計算してみましょう

課税総所得金額というのは、総合課税の所得をすべて足しあわせて、各所得控除を引いたものです。それが250万円になるということですね。

課税総合所得金額がわかっていれば、あとは問題文の数字にあわせて計算するだけです。

所得税額 = 課税総合所得金額 × 税率 - 控除
= 250万円 × 10% - 97,500円
=250,000円 - 97,500円 = 152,500円

ということで、「2」が正解ということになります。


スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。