「住宅用地に対する固定資産税の課税標準の特例」って何だ?

【問題】

「住宅用地に対する固定資産税の課税標準の特例」により,小規模住宅用地(住宅1戸につき200㎡までの部分)については,固定資産税の課税標準となるべき価格の( )の額が課税標準とされる。

1) 2分の1
2) 4分の1
3) 6分の1

2014年5月3級学科試験の問題です。住宅に対する固定資産税に対する問題ですね。

住宅に関しては固定資産税が割引される

住宅やアパート等の敷地で200㎡以下の部分に関しては小規模住宅用地と呼ばれます。固定資産税の税額が6分の1になります。

また、住宅やアパート等の敷地で200㎡を超える場合は、一般住宅用地と呼ばれます。この部分に関しては、固定資産税の税額が3分の1になります。

ということで、この問題の正解は「3」ということになります。


スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。