相続税の申告書の提出期限

【問題】

相続税の申告書の提出は,原則として,その相続の開始があったことを知った日の翌日から( )以内にしなければならない。

1) 3カ月
2) 4カ月
3) 10カ月

2014年5月実施の3級実技の問題です。相続税の申告書の提出期限についての問題ですね。

10か月以内に申告書を提出

相続税の申告書は、、相続の開始があったことを知った日から10ヶ月以内に出さないといけません。例えば、2月3日に無くなったことを知った場合には、12月3日が期限となります。ということで、正解は「3」です。

ところで、4月30日とかに亡くなった場合はどうなるのでしょうか?2月は30日がありませんよね。どう決まっているのでしょう。ちょっとわかりませんでした。

ちなみに、「相続の開始があったことを知った日」というのは、一般的には被相続人が死亡したことを知った日ということですね。法律がらみの問題なので難しい書き方をしていますが、内容自体は特に難しくはありません。

申告期限の日が土曜日、日曜日、祝日などの場合は、翌日が期限となります。まあ、細かい話ですけどね。

ちなみに、相続税の納税も、申告期限までに行うことになっています。納税は税務署でもできますが、金融機関や郵便局の窓口でも可能です。


スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。