銀行で入った一時払終身保険は預金保険機構の保護の対象になる?

「Aさんが銀行の窓口において一時払終身保険に加入した場合,当該保険契約は預金保険機構による保護の対象となります」

2014年5月の3級実技試験(保険顧客資産相談業務)の問題です。正しい記述を選ばせる問題の3つの選択肢の中の一つですね。

銀行で保険の契約をした場合、預金保険機構で保護されるのかについて聞いています。

預金保険機構と生命保険は無関係

結論から書いてしまうと上の記述は間違いです。預金保険機構と生命保険はまったく関係がありません。ちなみに、預金保険機構というのは、ペイオフ制度を行っているところのことですね。

ペイオフ制度について簡単に確認しておきましょう。主なポイントは次の3つです。

  • 普通預金や定期預金は元本1,000円とその利息が保護される
  • 当座預金などの決済用預金は全額が保護される
  • 外貨預金や投資信託は保護されない

今回の例で言うと、一時払終身保険は3番目のカテゴリーに入るわけですね。


スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。