一時払保険料の生命保険料控除の取り扱い

「一時払保険料は,その全額が支払った年の生命保険料控除の対象となるため,翌年以降の生命保険料控除の対象とすることはできません」

2014年5月の3級実技試験(保険顧客資産相談業務)の問題です。3つの選択肢から正しい記述を選ぶ問題の一つですね。

生命保険料控除の多少になる

一時払終身保険などの一時払保険料は、その保険料の全額が支払った年の生命保険料控除の対象になります。逆に言うと、翌年以降に繰り越すことはできません。

ということで、この記述は正しいと考えられます。

一般に生命保険の保険料は、一時払にしたほうが月払いや年払いにするよりも安くなります。ただ、その代わりに、生命保険料控除が1年分しか使えないわけです。ということは、どちらが有利かを見極める必要があるわけです。

この比較は所得の大小が大きく影響します。所得が大きい人なら、生命保険料控除の節税効果が大きくなります。ですから、月払いや年払いにするメリットも大きいでしょう。逆に所得が低い人なら、所得控除の節税効果は大したことがありません。その場合は一時払の方が有利な可能性も大きいわけです。

何にしても、一時払と月払いや年払いの選択にはメリットとデメリットがあることを知っておくことが重要でしょう。


スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。