リバースモーゲージの仕組みを老後資金に使う

リバースモーゲージと言う老後の生活資金に関する問題ですね。2014年5月実施の2級の学科試験からです。

リバース・モーゲージとは、公的年金の受給権を担保に資金使途が自由な資金を借り入れることができる融資制度である。

リバースモーゲージとは

リバースモーゲージというのは、自宅を担保にして老後の生活資金を年金の形で借りる仕組みです。現金で返済ができないときには、住宅を売却して返済しないといけません。

この方法だと、自宅で生活しながらお金を借りることができます。また、最終的に返済できなくても、子孫へ相続する住宅がなくなるだけです。住宅を売却して生活資金を得るよりは賢い方法と言えるでしょう。つまり、非常に合理的な仕組みと考えられるのです。まあ、条件次第ですけどね。

ちなみに、モーゲージと言うのは、住宅ローンという意味の英単語です。そのことを知っていたら、この選択肢が明らかに間違っていることがわかります。見た瞬間に、滅茶苦茶なことが書かれていると思うわけです。

モーゲージの反対なので、リバースモーゲージと言うわけですね。


スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。