変額個人年金保険の特徴

このページでは、変額個人年金保険の特徴について過去問を交えて整理してみましょう。変額個人年金は頻出項目ですから、確認しておく価値は十分にあるはずです。

変額個人年金保険はどんな保険か

2014年5月実施の2級学科試験で、変額個人年金保険がそもそも何かという問題が出題されています。

変額個人年金保険は、保険料を株式や債券などで運用し、その運用の実績によって将来受け取る年金額が増減する。

運用によって受け取る年金額が増減すると言うのは、まさにその通りですよね。年金額が増減をするから「変額」なわけです。

この選択肢に関しては、簡単に正誤がわかるはずです。

変額個人年金保険の死亡給付金

2014年5月実施の2級学科試験では、死亡給付金についての次のような選択肢がありました。

変額個人年金保険では、年金支払開始日前に被保険者が死亡した場合に支払われる死亡給付金の額は、既払込保険料相当額となっている。

変額個人年金保険の死亡給付金は、運用状況で左右されます。運用がうまく行っていたら、当然ですがたくさんの死亡給付金がもらえるわけです。わざわざ変額を選ぶのですから、そうでないとおかしいですよね。

ちなみに、既払込保険料相当額を最低保証にしている場合は多いようです。仮に運用に失敗しても、既払込保険料相当額は死亡給付金としてもらえると言うわけです。

というわけで、この選択肢の記述は間違いです。


スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。