金財の試験を受けてFP2級を取得する

FP 2級を受験するには

国家資格であるFP 技能士は、2つの機関が試験を行っています。
このページでは、「社団法人金融財政事情研究会(金財)」が行う試験について説明します。

ちなみに、もう一つの試験機関が「日本ファイナンシャル・プランナーズ協会」です。

まず、金財でFP を受験するには、以下の何れかの条件を満たす必要があります。

  • 3級技能検定の合格者
  • FP業務に関し2年以上の実務経験を有する者
  • 日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者
  • 厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者

実務経験が無い人の場合は、「3級技能検定に合格」するか「AFP の研修を修了」する場合が一般的です。

試験内容

2級FP 技能検定に合格するためには、学科試験と実技試験に合格する必要があります。
これは、金財で受験してもFP 協会で受験しても同じです。

まず、学科試験ですが、金財とFP 協会で共通の問題が出題されます。
四択問題が60題出題され、6割以上の正解で合格できます。

次に実技試験ですが、FP 協会での受験と異なるのはこの点です。
金財で受験する場合、以下の4つから選ぶことが出来ます。

  • 個人資産相談業務
  • 中小事業主資産相談業務
  • 生保顧客資産相談業務
  • 損保顧客資産相談業務

実技試験といっても筆記試験で、具体的な設定の下で計算させたりする問題が出題されます。
基礎知識を問うのが学科試験で、応用力を問うのが実技試験という認識で良いでしょう。

実技試験も6割以上の得点で合格です。

金財の試験とAFP

日本FP 協会のAFP の資格を取得したいと言う方は、少し注意が必要です。
というのも、AFP の資格を所得するためには、日本FP 協会が認定する研修を修了する必要があるのです。

AFP の取得も考えている方は、「日本FP 協会のAFP とは」をご覧下さい。

ちなみに、独立を目指すならAFP も持っていたほうが有利と言う方もいらっしゃるようです。

スポンサードリンク